2012年03月22日

トリプラン 3つの成分の働き

トリプランの3つの成分の働きについて見てみましょう!

DSCN1697.JPG

【抗酸化成分】

☆ピクノジェール
フランス西南部の海岸に自生する海岸松樹皮から抽出した成分で、
ポリフェノールを豊富に含んでいます。

☆アスタキサンチン
カニや海老、鮭等に含まれる赤い色素です。
過剰な酸素の発生から守る働きがあり、美容成分として注目されています。

☆フラーレン
炭素の一種で、ノーベル科学受賞物質です。
シミやメラニンの生成を抑える働きがあります。



【保湿成分】

☆ヒアルロン酸
お肌の表面だけでなく、低分子ヒアルロン酸が角質層まで浸透して、
ふっくらとハリのある弾力を支えます。

☆アミノ酸
皮膚にある天然のウルオイ成分です。肌荒れや乾燥を防いで
ターンオーバーを正常にしてくれます。

☆セラミド
水分の蒸発を防いでくれるのがセラミドの役割です。
角層をセラミドで満たすことで、みずみずしい素肌を保ちます。



【アロマ成分】

☆フランキンセンス
若返りの精油として昔から知られています。
ストレスを緩和して、皮膚の再生を促す働きがあると言われています。

☆ネロリ
ビターオレンジの花から抽出しています。
甘い香りで、リラックス効果が期待できます。

☆ゼラニウム
女性ホルモンのバランスが崩れることによる情緒不安定を
緩和する働き
があります。


注目すべき成分ばかりで、使うのが今から楽しみですわーい(嬉しい顔)



トリプランの公式サイトはこちらです!☞エイジングケアの新基準|美容クリーム「トリプラン」


ラベル:トリプラン
posted by トリプラン at 22:38| トリプラン | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。